• HOME>
  • 診療メニュー

診療メニュー

痛みの少ない治療

大人の方でもお子様も、歯医者さんは痛くて怖いところだと思われている方が多いのではないでしょうか。当院では、できるだけ患者さんにリラックスしてもらえるような診療体制をとっております。

麻酔注射もはじめにクリーム状の表面麻酔を塗ってから、電動注射器(アネジェクト)を用いております。アネジェクトはコンピューター制御により注射液の注入量がコントロールされているため、痛みを最小限にすることができます。

できるだけ削らない、抜かない治療方針(MI)

当院ではMI(ミニマルインターベンション)という概念のもとに治療を行っております。その言葉の意味は、「歯を削る量を必要最小限にすること」です。歯を削れば削るほど、ダメージは大きくなり歯の寿命も短くなります。従来の治療法では、銀歯を詰める場合、取れにくい形にするため健康な部分も削らなければなりませんでした。

ですが、悪い部分だけを削って、歯と同じ色の材料(接着性レジン)を詰める方法を用いることにより、銀歯にせずにその日のうちに白い歯で治すことが可能になります。奥歯の間の虫歯などで銀歯にせざるを得ない場合でも、極力削る量を少なくしております。

神経の保存

歯の寿命は神経が残っているかどうかで大きく変わってきます。当院では、様々な薬剤を用いて、できるだけ神経を残す治療をしております。

根管治療

虫歯を放置し続けると、神経組織のある根管(歯の根の管)にばい菌が入り、歯の根の先の顎の骨を溶かし、膿みの袋(根尖病巣 こんせんびょうそう)ができます。

根尖病巣は治療をしない限り、状態はよくなりません。
治療をせずに放置し続けると、身体にまで影響が及ぶこともあります。

治療方法は根管のばい菌を除去(洗浄)して詰め物をすることです。
ばい菌の再浸食も防ぎ、化膿袋や根尖病巣を自然消滅し、元の健全な状態に戻っていきます。

ページTOPへ

歯周病とは?

「歯みがきをしたら歯ぐきから血が出てきた・・」「何だか口臭が強くなった気がする・・」

こうした症状に心当たりがあれば、もしかしたら歯周病かもしれません。

歯周病は、歯ぐきおよび歯を支えている骨が細菌に侵される慢性の細菌感染症です。主にプラーク(歯垢)が歯の表面に蓄積することで発生し、歯を支える組織で炎症が起こります。放置していると歯がぐらぐらして抜けてしまいます。

成人の歯の喪失原因の50%以上が歯周病です。初期には歯茎が赤く腫れたり出血するなどの症状が出ますが、ほとんどの患者さんは自覚症状がなく気づかないことが多いのです。

歯周病メカニズム

歯石の除去

プラークをそのままにしておくと、固い歯石に変化します。一度歯石になってしまうと歯ブラシで取り除くことはできません。この歯石こそが歯周ポケットを作り、細菌の繁殖を促す悪玉なのです。

当院では国家資格を有する歯科衛生士が、徹底的にお口のクリーニングをして歯石を取り除いていきます。

歯周病の予防

いつまでも、ご自分の歯で健やかに楽しく過ごすためには、毎日のブラッシングでしっかりとプラークを取り除くことがとても重要です。しかしながら、どんなに上手に磨いていても、少なからず磨き残しは出てきます。

当院ではそうしてできたバイオフィルム(歯の表面にできた強力に付着した細菌のかたまり)を、専用の器具とフッ素入りのペーストを用いて、歯の表面や歯と歯茎の境目などにいる悪い細菌を徹底的に取り除きます。症状にあわせて、数ヶ月から半年間隔での定期的なクリーニングを推奨しております。

ページTOPへ

痛くない治療・怖くない治療

痛い所を触られたり、口の中をいじられたりすることは、大人の方でもいやなものです。 大人の場合は治療が必要なことを理解し我慢することができますが、小さなお子様は違います。

診療室内ではできるだけお子様の目線で話しかけ、リラックスさせるように心掛けています。はじめは保護者の方と一緒に診療室内に入ってもらい、安心した環境の中で、痛くない治療、怖くない治療を目指し最善の方法で行います。

フッ素

当院では乳歯や生えはじめの永久歯に、定期的にフッ素を塗ることを推奨しております。フッ素は歯のエナメル質に作用してフッ化アパタイトという耐酸性の強い層を作ります。虫歯は細菌が出す酸によって歯が溶かされることにより進行しますが、その酸に対する抵抗力が増し、虫歯になりにくくするのです。

お口の中をきれいにした後で、専用のトレーを使い、年齢に合わせた濃度のフッ素液を歯に染み込ませていきます。フッ素塗布の前に行うクリーニングでは、イチゴやバナナなどのフルーティーな味のするペーストを使っています。

「フッ素は体に毒ではないか?」という患者様がまれにいらっしゃいます。確かに高濃度のフッ素溶液を一気に飲んだりすれば毒性はあります。ただし歯科医院で使用している濃度のフッ素溶液は問題となるような量ではなく、むしろ医学的観点からみて虫歯予防にかかわる有効性が高いと判断されていますので、ご安心ください。

シーラント

虫歯になりやすい場所として、「奥歯の溝」、「歯と歯の間」、「歯と歯茎の境目」などが挙げられます。それらのうち「奥歯の溝」は生え始めのうちにシーラントという材料でコーティングしてあげることにより、虫歯を予防することができます。その時期については歯科医による判断が必要ですので、お気軽にお尋ねください。

保護者の方へお願い

歯医者さんは怖くて痛いところという先入観をお子様に与えないようにして下さい。確かに歯の治療は全く痛みがないわけではありません。しかし我々はお子様が安心できるよう様々な工夫をし、できる限り痛みを出さない治療を心掛けています。

もしもお子様が歯に異常を訴えた時には、「イタイイタイのバイバイしてもらいましょうね」などのやさしい言葉をかけてお連れ下さい。虫歯は早期発見、早期治療するほど、痛みも少なく短時間で治療することができます。

ページTOPへ

審美歯科とは

審美歯科は、白く美しい歯にするための治療やケアを行なう分野です。

白く美しくする方法

ページTOPへ

インプラント治療は痛くありません

インプラント埋入手術に伴う不自由さ痛みの程度、およびその継続期間は臼歯の抜歯と同じくらいと考えて下さい。埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。

インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に健診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6~24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合されます。その後にヘッド部を装着しますが、ストローマンインプラントでしたらこの段階での2回目の手術をしなくて済みます。

インプラント治療の利点

インプラント治療の流れ

  • 診断と治療計画
  • インプラント手術
  • インプラントと骨がくっつくのを待つ
  • 歯の装着
  • 従来の治療
  • インプラント治療

ページTOPへ

当院の入れ歯制作と調整

当院では、噛んだ際に痛みのない、しっかり噛める入れ歯の製作と調整をしております。 また、留め金が人に見られるのが嫌な患者様の為に、磁石式の入れ歯や留め金の無い入れ歯等もご提供しております。まずはご相談ください。

入れ歯の種類

□ノンクラスプデンチャー
通常の部分入れ歯と異なり金属の留め金のないので、金具が外から見えません。また金属アレルギーの心配もありません。

□レジン床義歯
保険の適用ができるので、治療費を抑えられます。プラスチックで構成されます。

□金属床義歯
強度が高い金属製の入れ歯です。厚さを薄く処理することが可能なので、レジン床でみられるような「話しにくさ」が改善できます。また金属特有の熱伝導の高さにより、食べ物の温度を感じられやすくなり、より食事を楽しめるようになります。

ページTOPへ

専門医(矯正歯科認定医)による治療

当院では、矯正歯科の専門医(矯正歯科認定医)が治療を行います。
歯並びをきれいにすることは、単に見た目の問題だけではなく虫歯や歯周病を防いだり、噛み合わせが良くなることで疲れにくくなったり、二次的な効果もあります。もちろん口元の美しさを保つということが矯正治療の一番の利点です。

お子様の場合は、いわゆる金具の装置をつけなくても乳歯から永久歯への生え変わりの段階で取り外し式の装置を使うことで、きれいな歯並びに誘導してあげることも可能なことがあります。

噛みあわせや歯並びが悪いと・・・

・人前で口を広げて笑えない、あまり話したくないという心情的負担がかかりやすい。
・虫歯や歯ぐきの病気(歯週病)になりやすい。
・よく噛めないために胃腸に負担がかかる。

矯正治療を行うと・・・

・口元が整うことで、人前で思いきり笑うことができる。自信がつく。
・虫歯や歯周病になるリスクが減ります。
・食べ物をよく噛めるようになるので、胃腸の消化を助けます。

治療中の見た目もご安心を

「矯正治療をしてみたいけど、治療中の見た目が気になる」

そんな方もご安心ください。透明な装置で目立たない治療方法もございます。装置自体が透明なため通常よりも目立つことなく、見た目にも優れます。ご希望に合わせて当院では裏側からの装置のご用意もしております。矯正治療は保険が利きませんが、初診相談料は無料としております。お気軽にご相談ください。

ページTOPへ

予防歯科とは

虫歯や歯周病で悪くなった歯を治療するのではなく、健康な歯の状態を長く維持する事を目的とした分野です。

予防歯科の効果

□虫歯の進行を防ぐ
□歯周病の進行を防ぐ
□治療した部分の再発予防
□口臭を防ぐ
□歯の汚れを防ぐ

予防歯科とは

□歯のクリーニング(プロフェッショナルクリーニング)
□歯のフッ素コーティングなど

※当院では、患者様ごとに適した予防歯科プログラムを行っておりますのでお気軽にご相談ください。

ページTOPへ

プロフェッショナルクリーニングとは

プロフェッショナルな専門家による、専門機器を使った歯とお口の中のクリーニングのことです。専門のトレーニングを受けた歯科医師または、歯科衛生士が、普段の歯磨きでは落とせない、 歯の表面についた歯垢やコーヒー・紅茶等の沈着物などを綺麗に落とします。

様々な方法により、歯垢や着色物を取り除き、歯をきれいに磨き上げます。さらにフッ素コーティングすることにより、歯を強化します。

※プロフェッショナルクリーニングは歯の表面の汚れを取り除いてきれいにする方法のため、歯自体の色は変わりません。歯を白くするには、ホワイトニングを行う必要があります。

プロフェッショナルクリーニングを受けると・・・

・汚れや着色物を除去することで、歯の輝きを取り戻します。
・口臭の原因となる細菌を取り除くことで、口臭を予防・軽減させます。
・歯に付着しているバイオフィルムを除去し、歯周病を予防します。
・歯磨きでだけでは取り切れない歯垢を除去し、虫歯を予防します。
・歯の表面がツルツルして爽快感が得られます。

ページTOPへ

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を安全な薬剤の力で白く(漂白)していくものです。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとは、ご自宅で行うホワイトニングです。
患者様の歯に合わせて製作したマウストレーにホワイトニングジェルを塗って、一定時間装着する方法です。

はじめにホワイトニングの手順をレクチャーさせて頂きますので
はじめての方でも安心です。

ページTOPへ

川島歯科医院

ご予約・ご相談ダイヤル 0422-70-6474

診察時間 9:30〜12:30/14:30〜19:00【休診日】木曜・日曜・祝祭日

【住所】東京都三鷹市下連雀2-18-13-1F(三鷹駅南口徒歩15分)

地図・交通はこちら